トップに戻る
#00
夜間地域交流課(やかんちいきこうりゅうか)
「様々な分野 及び立場の人達と世代を越えて交流 企画推進する課」として区役所や市役所に設置された部署。だがその本来の職務は「アナザーと人間の交流・共生を推進し、彼らが一般人と関わることで問題が生じた場合、事態を収拾する」ことにある。
非常に特殊な部署であり、その存在は一般人にはほとんど知られていない。
アナザー
妖怪や悪魔、天使など、人ではないオカルト的存在の総称。一部の適性ある人間にしか視ることはできず言葉も通じないため、コミュニケーションは非常に困難。
砂の耳(すなのみみ)
人間には理解不可能なアナザーの言語を、なぜか聞き取ることのできる特別な才能。この「砂の耳」を持つ人間は歴史上数えるほどしか存在しておらず、永らく伝説上の能力とされてきた。
#01
イブン=グハジスプレー
通常は知覚できないアナザーの姿を、認識しやすくするための補助アイテム。アナザー案件の際、彼らが残した痕跡を調べるのにも使用される。
結界テープ
様々な魔術的要素を組み合わせて作られた粘着テープで、簡易的な結界を展開できる夜間地域交流課の基本備品。姫塚セオが開発し、今では全国で使用されている。
ピクシー
虫のような羽根を持ち、子供に似た姿をした妖精の一種。身長20センチ程度の非常に小さなアナザーで、森や自然の多い場所に住んでいる。
クー・シー(妖精犬)
牛のような巨大な体躯を持つ妖精の一種。クー・シーとは妖精(シー)と犬(クー)を意味する言葉。草原のような緑の毛並みを持ち、穏やかで大人しいアナザー。
天狗(てんぐ)
古くより日本に住まうアナザー。その外見は人間とほとんど変わらないが、深い山中に住み黒い羽をもって空を飛ぶ。非常に長命で博識、山や森の神とされている。
天使(てんし)
背に白く大きな翼を持つ、人に似た姿を持つ美しきアナザー。だが人間と比べると、やや長身。創造主に仕え、その御心に沿って世界の安寧を保つ存在と考えられている。
安倍晴明(あべのせいめい)
平安時代中期の陰陽師。鬼神を使役し、数々の呪術秘法を使いこなしたと語られる伝説的な人物
#02
狩野一文庫(かのいちぶんこ)
古くより陰陽師の家系である狩野一家。「東洋魔術書ならば何でも揃う」とまでいわれた膨大な蔵書により、こう呼ばれるようになった。明治の頃にイギリスより輸入した魔術師知識と、古来よりの陰陽術を融合させて独自の魔術アイテムを開発。今ではアナザー業界では知らぬ者がいない職人一族として知られている。
猫又(ねこまた)
長き歳月を生き、アナザーとなった猫。二股に分かれた尻尾を持ち、人語を解し、人のように2本足で歩き、巨大化することも可能。だが性質は猫のままで、猫じゃらしや猫缶には目がない。
鬼車(きしゃ)
大陸や東南アジアを起源とするとされる九つの首を持つ巨大な凶鳥。本来は十の首を持っていたが、そのひとつを犬にかみ切られたという。その首の切り口からは今も血が滴っており、この血が付着した家では不幸が起きると伝えられている。
飯綱(いづな)
主に東海地方に住んでいる、イタチによく似たアナザー。山野の精霊の一種とされ、その尻尾は高純度で非常に良質な鉄で出来ている。
座敷童子(ざしきわらし)
屋敷や部屋に宿るとされる子供の姿をしたアナザー。座敷童子のいる家は栄えるが、逆に去られた家は没落するという。
#03
ウェウェコヨトル
アステカ神話に語られる舞踊と歌、戦いと音楽の神であり、その名は「老いたコヨーテ」を意味する。非常に気分屋で飽き性。退屈凌ぎに人間界に争いを巻き起こすなど迷惑極まりない神様で、自然界の秩序を乱す「トリックスター」的な存在とされている。

ページトップへ戻る