トップに戻る
第12話「新宿区夜間地域交流課」
あらすじ
ある夜、記憶喪失のアナザーを保護した新。依代だった石像が壊れてしまい、寄る辺ないアナザーは、新の家でしばし預かることになった。新は時間を見つけてはアナザーと街を歩き、アナザーを知る手がかりや新しい依代を探す。しかし、次第に消耗し、ついに倒れてしまう。自分が新のエネルギーを吸いとっていることに気づいたアナザーは新の元を去ろうとするが、新がそれを止める。そして、これが自分の仕事なのだとまっすぐにいうのだった。
スタッフ
脚本:三輪清宗/絵コンテ:久行宏和/演出:石郷岡範和、髙田美里、大石康之/作画監督:佐賀野桜子、石崎裕子、鈴木春香、西田美弥子、増田俊介、江上夏樹、森 悦司

ページトップへ戻る